忍者ブログ

[PR]

2017年12月13日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ポケモン プラチナ31日目 vsトウガン inミオジム

2008年10月19日
プラチナをはじめて早1ヵ月が経ちました。
今回6つ目にジムバッジに挑みます。

こうてつじまで特訓、と思ったのですが、かいりきが使えないと最初の部屋で詰まってしまうのでやめました。
ゴローンはすぐ自爆するし。

Image329.jpg














なんというか、かなりワイルドな感じの人です。
工事現場から駆けつけてきました みたいな。

クロガネジムのヒョウタの親父さんらしいですが、あんまり似てない気がします。

冬瓜さんの持ちポケは、レアコイル・ハガネール・トリデプスでした。
ちょっと苦戦しましたが、こちらの手持ちもほとんどが最終進化を遂げていたので、なんとか勝つことができました。

Image331.jpg










まさに俺の(mine)バッジ。




このバッジで、交換したポケモンでも70レベルまで言うことを聞いてくれるらしいのですが、
ストーリーの進行的に平均がせいぜい40レベルくらいなので、過ぎたる効果な気がします。

外に出ると、またライバルくんがいました。
Image332.jpg










まあね




図書館にこい、というので渋々むかいます。

Image333.jpg










なんでやねん




10秒後には到着したと思いますが。せっかちを通り越して短気な子です。
将来結婚相手とか苦労しそうです。

Image334.jpg











おぉ



ヒカリさん、ご苦労さまです(*´Д`*)ノシ

そっちじゃありませんか。ナナカマド博士もご一緒です。老体に鞭打ってやってきてくれたようです。

ナナカマド博士はサッサと帰ろうとするライバルくんを引き止めて、ポケモンの進化について話はじめました。
Image335.jpg










すんません忘れてました




研究している、と。

Image336.jpg










ボケちゃってるとかではありませんか




そこで、進化することのない伝説のポケモンを見つければ秘密が解明できるかもしれない、ということで・・・

Image337.jpg














無理です。
なんでそういう大事なお仕事を子どもに頼みますか。
そういうのは、しかるべき大きな研究機関とか、各地のジムリーダーとかに協力を要請してほしいものです。
そうでなくとも、すでにギンガ団とかに狙われちゃってますから。

しかし、こちらのそういった反論は許されず、なにがなんでも行ってもらうということです。
「はい」「いいえ」の選択肢すら出ません。
このゲームの最高権力者は、どうやらこの博士みたいです。

で、この地方に3つある湖へ、ちょうど3人なので手分けして逝ってこいと。
なにがちょうどだバカヤロー。
Image338.jpg










えぇぇ



図鑑がないので嫌だとか抗議しています。
今更なにを言ってるんでしょう。

ですが、博士におだてられて行く気になったようです。

Image339.jpg










また勝手に・・・



シンジ湖のほうが自宅に近いので、そっちにしてほしかったです。
ちなみにライバルくんはいちばん過酷なルートを指定されましたが、おだてられたので特に気負った様子もありません。

直後、地震がありました。
かなり大きな揺れで、TVのニュースでも報じられています。

Image340.jpg





ちょ・・・








どうやら、これから自分が向かうリッシ湖の映像らしいです。
勘弁してください。


Image341.jpg














どっちにしろ危ないのですが
、「こうなっては子どもに行かせるのは危険だな」 とかいう配慮は全くされません。
むしろ早く行けといった雰囲気で、泣きながらノモセシティに飛び立って次回に続きます。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: